スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ : - ジャンル :

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

10/31木 携帯・スマートフォンを持たせる前に! 【知っておきたい!子どもとメール&SNS講座】

 お子さんにケータイやスマホを持たせていますか? 

そのタイミングはいつ?

何を気をつけたらいいの?

子どもの個性や、クラスの動向、
習い事や塾、家庭の状況によっても
様々な選択があるだけに、迷いますよね。

ネットによるいじめやトラブル、
犯罪に巻き込まれた子どもたちのニュースも後を絶ちません。

こぶたラボでは、
現状を知る講座と、それぞれの家庭ごとの答を考えるワークと、
両方組み合わせた参加型の講座を企画しました!


これから子どもにケータイやスマホを持たせようか検討中という方、
今はキッズケータイだけど「スマホに変えたい!」と子どもから求められている方、
持たせたはいいけど、なんだか心配…という方。

ぜひご参加ください!


 
携帯・スマーとフォンを持たせる前に!
【知っておきたい!子どもとメール&SNS講座】
 

☆日時:2013年10月31日(木)10:00~12:30

☆場所:タンジェリン・ラボ 東中野駅徒歩1分
http://www.tangerine-labo.com/%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0/


☆対象:小中学生のお子さんの保護者(それ以外の方も参加可能)

☆定員 12名

☆参加費:3,500円 当日現金にてお支払ください。
こぶたラボの企画に2回目以降のご参加で、未入会の方は、
 こぶたラボ入会金2,000円要。
 こぶたラボの入会について、詳しくはこちらを。
 
☆「申し込んでから、風邪などでキャンセルすることになったら?」
 そんな時は、こちらをご覧ください。


☆この講座で得られること
・ メールやLINEなどのSNSの一般常識を理解できます
・ 親子のメールの現状を把握することができます
・ 他の家庭で決めているルールを知ることができます
・ 子どもから信頼される知識を身につけることができます
・ 勘違いによる不要なトラブルを防げるようになります
・ 親子、家族でのコミュニケーションのきっかけをつかめます
・ あなたの家庭に合った親子のケータイ・スマホのルール作りができます

☆講座の内容
第一部 『メール・LINEなどのSNSの現状を知ろう』
第二部 『みんなでワーク:トラブル対応と我が家のルール作り』

※ 講座の内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

お申込先 http://www.reservestock.jp/events/21549

事前のご質問もお受けします。
件名に「10/31 メール&SNS講座について質問」とご記入の上、
oyakosmilenet@gmail.com(親子スマイルネット)
までお送りください。講座当日にお答えします。

☆講師:
佐藤 安南  
鵜飼 絵美
「親子が笑顔になるネットコミュニケーション教室」
(略称:親子スマイルネット)
 
☆コーディネーター
高橋ライチ(こぶたラボ主宰)

☆主催:こぶたラボ

 

 

☆講師プロフィール
佐藤 安南(さとう・あんな)
映像ディレクター
株式会社アイ・コミュニケーション認定ビジネスメール・インストラクター

東京都生まれ、神奈川県育ち。
東京大学大学院修士課程修了(社会心理学)
映像ディレクターとして NHK「すくすく子育て」を始め各局の番組取材制作に携わる。
仕事のかたわら PTA活動にも積極的に参加。
仕事や PTA活動を通じ、ビジネス・プライベート両面でメール教育の必要性を痛感。
2012年夏よりメール教育活動を開始。
自主講座、国土交通省、大手企業でのメール研修などを行う。
軽度知的障害のある、高校 1年生の娘の母。


鵜飼 絵美(うがい・えみ)
ネットコミュニケーションアドバイザー

群馬県出身。明治大学卒業。
メール専門会社アイ・コミュニケーションのスタッフとして、
2005年よりメール関連事業に従事。
2009年から約800社のメルマガ配信サポートをメールのみで行う、
メール顧客対応のプロフェッショナル。
子どもやママを指導する「先生」を対象としたメールの勉強会やセミナーも開催。
100万人に2~3人の罹患率という「デスモイド腫瘍」と闘病しながら、仕事・育児を両立。
14歳息子、5歳娘の母。



☆講師よりメッセージ

私たち自身の生活の上でも、
ケータイ・スマホは生活に欠かせない道具となりつつあります。
メール、SNS、ネットでお買い物、写真の撮影と共有、
音楽や動画の視聴など。

また、周囲の人とのコミュニケーション・ツールとしても
家族や親戚とのやりとり、ママ友やPTAの連絡、
趣味・勉強サークルの活動で
メールやLINEなどのSNSを利用することが一般的になってきています。

でも、ネットやSNSでイヤな思いをした経験はありませんか?
トラブルの原因は、実はとっても単純。
「知識不足」そして「コミュニケーション力の不足」です。

メールやSNSは、人間にとって新しいコミュニケーション方法なため
ルールやマナーも、まだまだ浸透していません。
ですから、多くの人が、使い方に四苦八苦し、
トラブルに巻き込まれてしまうのです。

しかも、こどもたちは大人よりも感情をコントロールする力が未熟で、
知識や経験も不足しています。
だからこそ、大人以上に、トラブルに巻き込まれやすくなるのです。

「じゃあ、ケータイもスマホも持たせない!」という選択もありでしょう。
けれど、2013年の実態調査では
小学4年生~6年生の子どもの50%が、
すでにケータイかスマホを持っています。

メールや、LINEなどのSNSは、
今後いっそうIT化が進む社会の中で、
ますます主要なコミュニケーション手段となっていくことでしょう。

ネット上でのコミュニケーション力を身につけることは、
子どもをいじめなどのトラブルから身を守り、社会を生き抜く力を育むためにも
重要な課題といえます。
もう、「持たせなければ安全」の時代は終わっているのです。

私たちの提案は
使う時のルールやマナーを、大人がまずきちんと学び、実践し、
子どもたちと一緒に学び、考えるパートナーとして伴走しよう!ということです。

そうした、子どもたちのコミュニケーション力の基礎を作るのは、
まず何よりも「親自身のコミュニケーション力」
そして「親子間でのコミュニケーション力」ではないでしょうか。

子どもを、ケータイ・スマホのトラブルから守りたいと願う、すべてのママへ
子どもを、メール・LINEのいじめの被害者にも、加害者にもしたくないと思う、すべてのママへ

みなさんと同じ、子育て当事者である私たち
「親子が笑顔になるネットコミュニケーション教室」が、お手伝いします。
私たちと一緒に、
親子で気持ちよく、安心してコミュニケーションできる知識と力を、身につけましょう。
お待ちしています!



 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : - ジャンル : ライフ

| 今月の講座スケジュール | 12:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | 最新の記事 | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。